<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | -
ブログ更新】「囚人と紙飛行機」漫画連載決定!&思うこと
 お久しぶりの更新、不精な囚人Pです(`・ω・´)

久々の更新過ぎて、みんなこのブログの存在を忘れてしまっているんじゃないかと思う今日この頃、
安心してください、僕も忘れてry(。・ ω<)ゞてへぺろ♡

ゴホン

さて、表題のとおりこの度僕の書いた小説「囚人と紙飛行機 ー少年パラドックスー」がコミカライズすることになりました!
マンガ連載というやつです(*゚▽゚*)

詳細ちょこっと。
○メディアファクトリーさんから 
 10月15日発売 月刊コミックジーンの11月号より連載開始!雑誌URL→http://www.comic-gene.com/magazine/next
 原作:囚人P 漫画:紅村岬先生(ブログ、イラスト有り)→http://akamura5aki.jugem.jp/


※左、

原作の小説に関する詳しい内容は、こちらの記事にて><
http://shujinp.jugem.jp/?eid=73



思えば楽曲投稿からもう何年もたつ「囚人」と「紙飛行機」
これだけ新しいボカロ曲が殿堂入りを繰り返し、ランキングが一日単位でめまぐるしく回り続ける今、
この曲が小説化、そして漫画化をしていただける運びとなったのも、本当に囚人くんと少女ちゃん、それやパパを好きでいて
支えてくれた人たちのおかげだとすっごく嬉しい気持ちです。
みんなで作り上げてきた世界と作品なんだなと、しみじみ思います。
あくまでこの漫画も「囚人」と「紙飛行機」の二人の一面でしかなく、こういったアプローチもあるんだという一つの回答でしかないです。
でもこれがより多くの人に彼らが愛されるきっかけになれば嬉しいです。

はい、そして僕は個人的にメイカさんが大好きです。
420番くんより少女より好きですごめんなさい(`・ω・´)


ちなみに表紙&巻頭カラーですので、420番くんと紙飛行機が目印です><ノ


いろんなイラストやキャラデザは生放送内で公開しましたのでぜひぜひ!
http://live.nicovideo.jp/watch/lv107564570

あ、小説の少女編は11月発売ですー(`・ω・´)

というわけで、いい加減音楽作れな囚人Pでしたー(´・_・`)


☆彡ちょこっと設定公開
420番
少女
メイカ・ファロウス
ETC……

| 囚人P【AN:和音 | - | comments(9) | trackbacks(0) | -
ブログ更新】囚人小説について長々かきました(。・ω・。)
 おつぺっちー!

いよいよ待ちに待った(ぼくのなかで)小説「囚人と紙飛行機」の発売まで残り4日となりました!
今から待ち待ち遠しいですね待ちきれないですね(ぼくのなかで)!!(。・ω・。)


と、言うわけでまず公式サイトがオープンしましたー!

↑こんな感じ(´д`)
URL公式:http://shujinnovel.com/

気になる主人公たちの名前や、キャラクターをちょこっとだけ公開しました!
次は動画をアップしますのでお楽しみに!

―――――――――――閑話休題。

さてさて、ここで少し今回の小説に着いて自分の感想とか内容に触れる事を書いていこうと思います。
ネタバレにはしないつもりです^^
大切な内容です(。・ω・。)

□小説概要
まず一番大事なのは
今回の小説は、囚人紙飛行機の《公式設定》ではありません。
と、言うのもあの囚人と紙飛行機のPVを含めた作品は僕個人だけの世界ではなく、一緒に作り上げてくれた絵師さん動画しさん、そしてリスナーのみんなの世界です!
なので、それは絶対的なモノです!
今回の小説は――囚人Pが描く《囚人と紙飛行機》になります。
もっと突き詰めるなら、囚人が想像した彼等の世界、に当たります。
ですので、皆さんの中にあるのも、この小説も両方正解で、両方真実で、聞いた数だけあると信じています。それを踏まえた上で、新たな囚人ワールドに踏み込む気持ちで迫っていただければ嬉しいです(。・ω・。)


□小説内容
今回の小説は結末の分かったストーリー
なので、「原曲を知っている人」もむしろ楽しめるような内容に、驚きと感動を与え続けれる内容に、そう言うことを意識してかかせていただきました。
そして何より、めっちゃ中二病ですw
公式サイトのキャラ紹介文は笑っていただけたら本望な感じですが、それでも内容はかなり厨二秒です^^
原作の世界観を、ファンタジーとして楽しめる作品にしたかったので、あえてリミッターを設けず全開でいっちゃいましたごめんなさい(。・・。)
だけど、ちょっと鬱になるかも知れません。
そして、かなり推理をする要素を含ませました。
「結末も分かっているし、まぁ気楽に流して読むかー」と言う気持ちで読むと小説に食べられちゃうかもですw
少女編の際はもっと・・・



□ボカロ小説について
今回登場キャラがボカロキャラが多いですが、
僕の中では、ボーカロイドは「ドラマの役者」、つまりはキムタク(えぇ)とかと同じで、その役を本気で演じてくれている役者だと思っています。
ですので、元の物語、小説があり、それを彼等が演じ織りなす小説エンターテインメント、それがボカロ小説なんじゃないですかね><
とか、思い上がった事を思ってみたり。
ですので、カイトとかメイコたちがどんな役を演じるのか、楽しみにしててくださいw




PS
5月31日にニコラジにゲストででます!
顔出し放送・・・かも・・・
http://live.nicovideo.jp/gate/lv89890857

| 囚人P【AN:和音 | 小説 | comments(4) | trackbacks(0) | -
ブログ更新】囚人小説ジャケットとQ&A♪
こんばんわ(。・ω・。)

どうも囚人Pです!

今週末に埼玉スーパーアリーナでのライブも迫り、りはーさるとか、練習とか、死にたくなる衝動を抑えることに大変なこの頃ですが、お母さん僕元気でやっています。


さてさて、5月29日に書店に並ぶ囚人と紙飛行機の小説ですが、前回のブログコメントやTwitter等の質問に答えていこうと思います(。・ω・。)
 
あ、あとこちらが正式なジャケットです!

クリックで拡大用

ここに本文を記入してください。
ジャケット絵師様はざいんさんです!
素晴らしいイラストありがとうございました!ぞくぞくします!



というわけでQ&Aですー【ほかにもありましたら何なりと】

Q、初版特典ですが、Amazonで予約すればつきますか?
A、いえす。

Q、Amazon以外の予約で特典もつきますでしょうか?
A、はい、予約でしたら全てつきます。

Q、ネット販売のみだけでしょうか?
A、書店にも寄りますが、実際にも店頭に並びます。

Q、主人公と少女の名前はリンレンではなく別の名前で出てくるのでしょうか?
A、こちらに関しましては、作品の根幹に関わりますので、お楽しみにと言うことで^^

andMore……


追伸
【急募】一週間で顔やせする方法【切実】(・д・)

| 囚人P【AN:和音 | 小説 | comments(7) | trackbacks(0) | -
ブログ更新】 囚人紙飛行機ノベライズ♪
お久しぶりです!

殆ど告知ブログに成り下がってしまったブログを今日もカキカキする囚人Pです(・д・)ノ

昨日生放送にてお話しさせていただいた件につきまして、詳細を告知させていただきたいと思うのです(。・ω・。)

この度私囚人Pは音楽の道を進んできた結果――小説家デビューすることになりました。
はい、人生何があるかわかりませんと言う良い例ですね。
メジャー初の出版物がCDでなく本だという事についてはつっこんではいけない領域かも知れません(・∀・)


と言うことで今回、僕の楽曲「囚人」/「紙飛行機」がノベライズ、小説になることになりました!
囚人→http://www.nicovideo.jp/watch/sm5117285
紙飛行機→http://www.nicovideo.jp/watch/sm6165498
この作品は僕の中でも相当強い思い入れがあり、みんなで作り上げてきた作品なのでここでは語りきれませんが、ほんんんんっとに嬉しい感無量ですね。

と言うことでちょびっとだけまず詳細!

□タイトル「囚人紙飛行機 ―少年パラドックス―」
□発売日  5月29日
□価格  1200円
□Amazon予約:予約ページこちら
□表紙:ざいんさん
キャラデザ&挿絵:まどろみさん
ピンナップ:オサムさん、竜宮ツカサさん(マンボウの姉)
口絵:涼さん、ネコノミミコさん


それで今回
初版のみ特典がつくのですが、特典は僕の心からの希望が通り――「少女からの手紙(実物仕様)」になりました!
小説内にも登場する、実際に囚人が貰っている手紙がつきます!それを手にしながら囚人の気持ちに想いを馳せながら読んでいただけたら嬉しいです(。・ω・。)


今後いろいろ情報を出していこうと思いますが、何か質問がありましたらこの記事にコメントいただければこの記事内にてお応えさせていただきます!

小説書くに当たってのいろいろな出来事や小説の内容につきましてはまた今度ゆっくり更新しようと思います!ではでは今日はこの辺でノ

| 囚人P【AN:和音 | 小説 | comments(3) | trackbacks(0) | -
PROFILE
SPONSORED LINKS
ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
訪問者数
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINK
OTHERS